胡蝶蘭の定番


胡蝶蘭にはいくつかのカラーバリエーションがあります。同じ花でも色が変わると雰囲気もガラリと変わるので、どんな目的に贈るかによって色選びもポイントになってきます。胡蝶蘭のカラーごとに、どんなシーンに贈るのがふさわしいかをチェックしてみましょう。

胡蝶蘭立派胡蝶蘭を思い浮かべた時、白をイメージする人は少なくないでしょう。お祝いに贈る胡蝶蘭では定番と言ってもいいくらいポピュラーです。胡蝶蘭には、幸せが飛んでくるという花言葉があるので、開店・開業祝いにも人気ですが、実はカラーによっても花言葉は変わってきますので、目的に応じた使い分けができます。定番カラーの白は、清純という意味があります。開店・開業祝いとしては、どんなシーンにもよくマッチするので人気となっていますが、結婚式や結婚祝いにも選ばれています。見た目の上品さや豪華さもあって、花嫁が持つブーケでも人気となっています。

白い胡蝶蘭には、清純以外にも平和という意味があるので、新築祝いなどにも人気です。白い胡蝶蘭なら、どんな雰囲気の部屋にも合いますし、インテリアなども邪魔をしないから新築祝いに何を贈っていいか迷った時は、胡蝶蘭を選んでみるのもいいかもしれません。価格的もそこそこのお値段ですからお祝いにもふさわしいと言っていいでしょう。花束と違ってしばらく持ちますし、花粉も飛ばず、ニオイもほとんど気にならないから、玄関やリビング、寝室などどこに置いても邪魔にならないのがポイントです。